忍者ブログ

うつ病の家族への対応マニュアル~レビュー・実践~

うつ病克服方法のえっ?こんな簡単なことに気をつけるだけで、うつ病の家族がぐんぐん元気になるなんて!「うつ病の家族への対応マニュアル」を紹介しています。

   
カテゴリー「うつ病の家族への対応マニュアル」の記事一覧

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

えっ?こんな簡単なことに気をつけるだけで、うつ病の家族がぐんぐん元気になるなんて!「うつ病の家族への対応マニュアル」 増田 泰司

うつ病の家族への対応マニュアル

えっ?こんな簡単なことに気をつけるだけで、うつ病の家族がぐんぐん元気になるなんて!「うつ病の家族への対応マニュアル」 




このサイトをご覧になっていると言う事は、
貴方の大切な人がうつ病で苦しんでおられるのですね。

そして、どのように接していいか分からず、
貴方ご自身が、大変な苦しみを味わっておられる……。


でも、もう大丈夫です!


これから、このサイトで、
うつ病の患者さんにどのように接したらいいか、そのヒントをお話しします。

たった2つの対応法ですから、
直ぐに身につけて実践して頂けます。


それを実践なされば、
必ず患者さんは、今よりもずっとずっと楽になりますし、
貴方自身も楽しく生活出来るようになります。


そして、うつ病にかかる前よりも家族の絆が深まり、
いつか「うつ病になって良かった」と言える日がやってきます。

そのための第一歩として、このサイトをぜひ最後までお読み下さい。

うつ病の家族への対応マニュアル うつ病の家族への対応マニュアル うつ病の家族への対応マニュアル  

FMラジオ「サンデーブランチ」
FMラジオ「PIN UP」
情報誌「ミスター・パートナー」
「女性セブン」
「週刊ポスト」
「スポーツニッポン」(スポニチ)


主人がうつ病です。自分の接し方は正しいのだろうか?
もっと良い接し方があるのでは無いか?と、いつも考えていました。

うつ病克服

わたしなりに一生懸命やっているつもりだけれど、
「有難う」の言葉ひとつすら掛けてもらえませんので、
やりがいのようなものを得ることができず、
”自分の気持ちの保ち方”が分かりませんでした。

うつ病の家族への対応マニュアル うつ病の家族への対応マニュアル えっ?こんな簡単なことに気をつけるだけで、うつ病の家族がぐんぐん元気になるなんて!「うつ病の家族への対応マニュアル」

どう接していいか分からなかったわたしに、
一筋の光を与えて下さったのが、この対処法でした。
それによって、わたしの精神状態も落ち着いたように思います。

また、主人の調子も上向き、
「もう薬飲んでないんでしょ?」と言われることもあるそうです…
そんな時「まだ飲んでるよ!」と答えると、驚かれるそうです。

 

娘は、希死念慮(注:死にたいという思い)が強く、親への反発と甘えが強くみられた。

言いたいことをしっかり聴くことで強い不安感が薄れてきたように感じる。

感情の爆発は間隔が空き、強さも薄れてきている。

 

彼女は、過去を後悔し、自分を責めてばかりいました。

どうして、そんな風に考えてしまうのか、何を言っても、自分を責めることをやめようとは致しません。過去を後悔し、死にたいとも言っていました。

病院を勧めても、拒否され、彼女のために、自分が何をしたらいいか、わからなくなりました。

えっ?こんな簡単なことに気をつけるだけで、うつ病の家族がぐんぐん元気になるなんて!「うつ病の家族への対応マニュアル」 えっ?こんな簡単なことに気をつけるだけで、うつ病の家族がぐんぐん元気になるなんて!「うつ病の家族への対応マニュアル」 えっ?こんな簡単なことに気をつけるだけで、うつ病の家族がぐんぐん元気になるなんて!「うつ病の家族への対応マニュアル」

1度、アドバイスする事はまったくせず、彼女がどうして、そんな風に思うのかだけを考え、共感する事に集中してみました。

そうしたら、彼女はわたしのもとに戻って来てくれ(この話を聞いた時は、彼女とは一時的に、別れていました。)、病院に自分から行きたいと言うようになりました。

まだまだ波はありますが、これから少しずつ良くなりそうかなという、希望が見え始めました。

わたし自身、アドバイスをいつもしたくなりますが、まずは彼女の話を理解しようとする事が大切であると思うようになりました。

必ず克服出来ると思えるようになり、以前のように先が見えないと言う事はなくなりました。


この他にも沢山の方から喜びの声を頂いています。

上記の方たちのように貴方も


患者さんを支えることに対する不安がなくなります。
患者さんのうつ傾向が緩和していき、正常に戻って行きます。

 

 


申し遅れました。わたしは増田泰司(ますだたいじ)と申します。

20年来、心理カウンセラーや、援助的コミュニケーションに
関するセミナー講師を務めてきました。

そして、悩んでいらっしゃる方を支える立場の方々、例えば、
患者さんの家族や医師、看護師、教師、民生委員、介護士等に、
援助的コミュニケーションの取り方について教えてきました。

 


>>更に詳しい内容はこちらから










PR

カレンダー

08 2018/09 10
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

プロフィール

HN:
うつ病の家族への対応マニュアル
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

アーカイブ

P R

Copyright ©  -- うつ病の家族への対応マニュアル~レビュー・実践~ --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]